田口圭の日記(企業と経済:商法会社法etc の学習会)

時事問題 政治問題 ネットニュースなどを取り上げます。

<ハヌカー期間中にガザからロケット攻撃>イスラエル首相が演説中に空襲警報で避難→アイアンドームで全弾迎撃→即座にガザ地区を報復爆撃

参考:2019年 ハヌカーは. 12月22日夕方に開始:12月30日月曜日夕方に終了:です

https://www.youtube.com/watch?v=MYfbUflKTUQ

www.youtube.com

 

https://www.youtube.com/watch?v=ohDZ_jGyCqE

www.youtube.com

 

https://www.youtube.com/watch?v=avP3KwX0vL8

www.youtube.com

 

https://www.youtube.com/watch?v=UaXLb-gt9fs

www.youtube.com

 

 

 ネタニヤフ首相は特殊部隊としてエンテベ奇襲作戦に従事した経験があり、マサチューセッツ工科大学卒です

 日本にもこのようなリーダーが必要と思います。

 

避難するネタニヤフ首相

https://www.youtube.com/watch?v=NvEZqgpUDEk

www.youtube.com

 

https://www.youtube.com/watch?v=RPLn3-q1knk

www.youtube.com

↑英国ガーディアン

https://www.youtube.com/watch?v=WfCokPAq6uk

www.youtube.com

AP通信

https://www.youtube.com/watch?v=kj54BiTqDGw

www.youtube.com

アシュケロンで演説中にガザ地区ハマス政権からミサイル攻撃が発生 

 

https://www.youtube.com/watch?v=V-QWEhzkokE

www.youtube.com

www.youtube.com

↑ガザの「ハマス政権」への攻撃(反撃)は英米メディアよりロシアメディアが報じていますね

 

イスラエル空軍がガザ地区のハマス拠点を攻撃 - Sputnik 日本

jp.sputniknews.com

  2019年12月20日 07:38(アップデート 2019年12月20日 07:40)
  イスラエル軍広報部は20日、同国空軍機が、パレスチナ自治区ガザ地区からのロケット弾攻撃を受け、同地区南部にあるイスラム原理主義組織ハマスの軍事拠点を攻撃した、と発表した
 イスラエル軍広報部はツイッターで「イスラエル空軍機がガザ地区南部と北部それぞれにあるテロ組織ハマスの軍事施設を攻撃した」と投稿した。
 先に、イスラエル空軍は、パレスチナ自治区ガザ地区から19日、イスラエル領に向けてロケット弾が発射されたと発表していた
 イスラエル砲撃に対する責任ガザ地区イスラム教組織ハマスにあるとしており、2014年秋より発効の停戦合意にあるパレスチナ側のすべての順守項目を守るよう要求している。

 

https://www.youtube.com/watch?v=deQxj5eVgV8

www.youtube.com

↑ネタニヤフ首相は党首選挙に勝利した模様

おめでとうございます

editorji
イスラエルから軍事訓練を受けるなど同盟国インドのメディア”editorji(本社デリー市)”の報道
 Khasara 360, Sultanpur, MG Road
 New Delhi、Delhi、110030、IN

 

 

 

 イスラエルのネタニヤフ首相が選挙集会を行っていた町をめがけて、パレスチナ自治区ガザからロケット弾が発射され、首相が避難するなど騒然としました。

 「ハヌカ」と呼ばれるユダヤ教の重要な祝日が続いている25日、イスラエル西部の町で演説中のネタニヤフ首相。しかし、ロケット弾の飛来を知らせるサイレンが鳴りだしたため急遽、集会を中断しシェルターに避難しました。

 イスラエル軍はロケット弾が町の10数キロ南にあるパレスチナ自治区ガザから発射されたものの、ミサイル防衛システム「アイアンドーム」で迎撃したとしています。負傷者はいませんでした。

 この攻撃の犯行声明は出ていないものの、イスラエルはガザを実効支配するイスラム主義組織「ハマス」に報復の空爆を行ったと発表し緊張感が高まっています。(26日11:26)

ガザ地区からロケット弾飛来、イスラエル首相避難(TBS系(JNN)) - Yahoo!ニュース

 

 イスラエルの与党・リクードの党首選が26日に行われ、現党首のベンヤミン・ネタニヤフ首相(70)が「大勝利」を宣言した。
 投票は26日午後11時に締め切られた。リクードによると、投票権のある同党員11万6000人の約半数が票を投じた。
 党首選では、ネタニヤフ氏に党首交代を求めるギドン・サール元内相(53)が挑んだ。
 最終的な開票結果は27日朝に明らかになるが、ネタニヤフ首相はツイッターで勝利宣言をした。
 「神とあなた方の協力を得て、私は予定されている総選挙において、リクード党を大勝利へと導くことになるだろう。そして、イスラエルをかつてない成功へと導き続けるだろう」
 得票率70%以上か 
 エルサレムで取材するBBCのバーバラ・プレット=アッシャー中東特派員によると、ネタニヤフ首相の圧勝は予測されていた。しかし、リクード党における自分の支配力が今も強固なままであることを、今回の党首選で示したかった首相は、精力的に選挙キャンペーンを行ったという。
 投票日当日は悪天候に見舞われたが、ネタニヤフ首相はフェイスブックの生放送に登場し、投票所へ行くよう呼びかけていた。
 ある出口調査によるとネタニヤフ氏の得票率は70%以上だったと、地元メディアが報じた。

www.bbc.com

イスラエル与党党首選、ネタニヤフ首相が「大勝利」を宣言 - BBCニュース

-