田口圭の日記(企業と経済:商法会社法etc の学習会)

時事問題 政治問題 ネットニュースなどを取り上げます。

外務副大臣(日本)と駐日レバノン大使”Nidal Yahya”が12月16日に会っているのですが(また12月20日にレバノン大統領”Michel Aoun”を表敬しているのですが)、何を話したんでしょうね

ゴーン氏レバノン逃亡直前の鈴木外務副大臣レバノン政府関係者接触

さて偶然なのか否か‥

そういえば金ジョンナム(金正男)を日本で取り押さえないで逃した事件がありましたね

 

2019/12/31

①2019年12月16日
ヤヒヤー駐日レバノン大使の鈴木外務副大臣表敬

12月16日,鈴木馨祐外務副大臣は,ニダル・ヤヒヤー駐日レバノン大使(H.E. Mr. Nidal Yahya, Ambassador Extraordinary and Plenipotentiary of the Lebanese Republic to Japan)の表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです。

 鈴木副大臣から,シリア難民の受入れに際するレバノンの努力に敬意を表するとともに,同受入れに際してレバノンが直面している困難を我が国としても深く理解している旨述べるとともに,我が国としては引き続き対レバノン支援を継続していく考えである旨述べました。

 ヤヒヤー大使から,これまでの日本の対レバノン支援に対する謝意を示しつつ,経済協力を含め,二国間の協力強化を期待する旨述べた他,現下のレバノン情勢等についても言及がありました。

 両者は国際場裡における二国間協力等についても意見交換を行いました。

https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000552887.jpg

f:id:taguchikei:20200105221512j:plain


ヤヒヤー駐日レバノン大使の鈴木外務副大臣表敬 | 外務省

②2019年12月20日
鈴木副大臣レバノン訪問

(1)アウン大統領への表敬

 20日,鈴木副大臣は,ミシェル・アウン大統領(H.E. Mr.Michel Aoun, President of the Lebanese Republic)を表敬しました。
 鈴木副大臣から,現下のレバノン情勢に関して,レバノンの政治指導者が,国民の声を踏まえた対話を推進し,国民の期待と信頼に応える新政権を早期に樹立することを強く期待する旨述べました。また,レバノンが多くの難民を受け入れていることに対し敬意を表した上で,レバノンの安定化に向けたアウン大統領のリーダーシップに期待する旨述べました。
 これに対しアウン大統領からは,レバノンが置かれた経済・政治情勢について説明があり,日本との二国間関係を強化していきたい旨述べました。

f:id:taguchikei:20200105221727j:plain


鈴木外務副大臣の中東訪問(結果) | 外務省

③ゴーン氏レバノン入り


政治家 鈴木けいすけの国政日々雑感

 今回は、他にも、中身の詳細には触れませんが、政情が不安定なレバノンにおいてアウン大統領、ハリーリ首相、やベッリ国会議長、バシール外相と会談し、パレスチナにおいてもアッバース大統領、シュタイエ首相、マーリキー外務庁長官や投資担当大臣と会談

http://blog.livedoor.jp/suzuki_keisuke/archives/51884028.html

 

レバノン大統領について(引用)

 Michel Naim Aoun (Arabic: ميشال نعيم عون, Arabic pronunciation: [miːʃeːl ʕo.uːn]; born 18 February 1935) is a Lebanese politician who is the current President of Lebanon. He was elected president on 31 October 2016 on the 46th electoral session of the Lebanese parliament, breaking a 29-month deadlock. He is a Maronite Christian and the founder of the Free Patriotic Movement.

 Michel Aoun was appointed as Lebanese Army General (Head of the Lebanese Army) in 1984. From 22 September 1988 to 13 October 1990, Aoun served as Prime Minister after being appointed by the then departing Lebanese President Amine Gemayel as head of the Lebanese government and interim prime minister. The controversial decision saw the rise of two rival governments contending for power at that time, one by General Aoun and the other by prime minister Selim Hoss.

 Aoun declared a "War of Liberation" against Syrian army forces on 14 March 1989. On 13 October 1990, the Syrian forces invaded Aoun strongholds including the presidential palace in Baabda, killing hundreds of Lebanese soldiers and civilians. Aoun fled to the French Embassy in Beirut, and was later granted asylum in France where he lived in exile for 15 years from 1990 to 2005.

 Aoun returned to Lebanon on 7 May 2005, eleven days after the withdrawal of Syrian troops from the country. In 2006, as head of the Free Patriotic Movement (FPM), he signed a Memorandum of Understanding with Hezbollah, starting a major alliance that has remained ever since. Despite the bloody history with the regime of Hafez al-Assad, father of Bashar al-Assad, Aoun visited Syria in 2009.

 Aoun was elected a Member of Parliament where he headed the Free Patriotic Movement and the broader parliamentary coalition called Reform and Change Bloc, which had 27 representatives making it the second biggest bloc in the Lebanese parliament. He presented his candidacy for presidential election with main rival candidates being Samir Geagea, Suleiman Frangieh and Henri Helou. After his election, he was sworn in as President of Lebanon in succession to President Michel Suleiman