田口圭の日記(企業と経済:商法会社法etc の学習会)

時事問題 政治問題 ネットニュースなどを取り上げます。

『女性らしい』とされてきた装飾(長髪・化粧・スカート・ハイヒール等)全般」を止める事で、 「女性だからと綺麗で美しくいる必要性はない」と発信し、 女性を「【美】という抑圧から解放する為」に行われる活動

(引用開始)

フェミニズム活動のひとつ『脱コルセット』について。

誤解されている方が多いように思うので、

私が始めた経緯を纏めてみようと思います。

『脱コルセット(脱コル)』とは、

「『女性らしい』とされてきた装飾(長髪・化粧・スカート・ハイヒール等)全般」を止める事で、

「女性だからと綺麗で美しくいる必要性はない」と発信し、

女性を「【美】という抑圧から解放する為」に行われる活動です。

私はいわゆるジェンダーロール(性別による役割の固定観念)の影響を余り受けずに育ち、

装飾全般(特に化粧)に殆ど無関心でした。


髪型はずっとショートで、服装もカジュアル系ばかり。
女性キャラを着せ替えるゲームでも、そのような格好ができるステージばかり遊んでいた記憶があります。

それが理由で、外出を理由に一々化粧する周囲の女性を見て、

「自分も大人になったら、外出の度に化粧しなくてはならないのか」と、面倒臭さや憂鬱を感じており、

それは高校生になっても変わりませんでした。

『女性だから』という一点だけで

無関心な化学物質一式の購入代金として一万円近く支払わねばならない事や、

その科学物質を塗りたくる為に(不慣れなうちは)一時間以上要する事に、

とても強い徒労感を覚え、早くも人生が嫌になっていました。

「『持って産まれた(身体的)性別』だけで、何故こんな苦労をしなければいけないの?」

そう思い、苦しみながらも何とか生きていた時、

SNSの相互アカウントさんが拡散してくれた事を切っ掛けに、フェミニズムへと行きつきました。

ジェンダーロール(やそれが生み出す抑圧)の存在は元々何となく理解し、

違和感を感じ続けていたので、それから女性を解放する脱コルには、直ぐに賛同しました。

脱コルを知ってから、

元々短かった髪を更に刈上げてベリーショートにしたら、それだけで頭が軽くなって驚きました。

「化粧は強制されるものではない」という考えに賛同し、化粧品を全廃。

化粧水などのスキンケア用品を含む化粧品全てを、その使用時間も含めて捨て去りました。

洗顔は基本お湯だけ(週一ペースで石鹸)というシンプルなものになり、

化粧に使っていた分の時間を、読書等の『自分が本当にやりたい事』に使うようにしています。

服装も機能性重視でスポーツウェアをヘビロテするようになりました。

上を身体に沿う黒いトップスだけにすると、「『ウルトラマンオーブ』に変身中のガイさんごっこ」みたいになって楽しい(非特オタの皆様ごめんなさい)。

結局何が言いたいかといえば、

「装飾は老若男女問わず『好む人』がすればよい」という話です。

そして図々しくも、装飾する方には

『自分は本当に好んで装飾しているのか』と考える切っ掛けになれば……等と考えています。

「いきなりノーメイク出勤はできない」という方も「指定日数経過毎に化粧品数を一品ずつ減らす」等、

『できる事から少しずつ』の精神でゆっくり進めればよいと思うので、考慮して頂ければ。

ここから先は愚痴注意。

『私がこの記事を書こうと思った理由』です。

「某掲示板の創作関連スレで

『無化粧で綺麗な女なんて二次元にしかいねーよ』、

『装飾してる女としてない女、男のズ〇ネタとして何方が都合いいか、考えようとしないのは我儘』等のまるで無理解な書き込みを目撃したから」です。

『無化粧で綺麗な女なんて二次元にしかいない』

此方については、脱コルが生まれた理由(美しさからの解放)や

発信内容「美しく・綺麗でなくてもよい」を考えればまるで見当違い。

「『装飾した女としてない女、男のズ〇ネタとして都合がいいのは何方か』と考えようとしないのは我儘」

此方には「ここまで理解されないものか」と呆れてしまった……

「美から逃れる理由」に『男性の性的消費対象から外れる為』が存在する事も分からないのか、と。

恋愛系が多い創作のスレだったから恋愛モノ前提の発言かもしれないけど、それにしたって酷い。

「『ズ〇ネタ』って、女性を男性の性的消費物としか見ていない人の発言では?」としか思えない。

外見至上主義・いわゆるルッキズムだけど、

「『それを考慮・打破する設定』とか幾らでもあるだろ」と。

「空想世界の世界観・人物設定」ってほぼ自由なんだから、

「我儘なのはルッキズムを否定・打破する設定を考えようとしない貴方では?」と言いたくなった。

「『非装飾女性の権利』が存在する世界」とか

「外見を気にしない人×非装飾や外見等に劣等感を持つ女性」みたいな設定を考えればいいと思うし、実際私はそういう設定で空想するから。

同レスは

「女性は『化粧・脱毛しなくていい権利』を持っていないのだから」という文面で〆られていたけど、

「なぜ『権利』を得る為に動かないの? 共闘しようよ」以外に、何と返していいのか分からなかった。

「権利獲得の為に闘おうとせず、裏でウジウジ……」って、一番面倒なヤツじゃん。

まぁその方が諦めてしまったのも「抑圧を受け続けた結果」かもしれないけど、

それで「『権利を得るために活動している人』を後ろから撃つのはどうなの??」って思うよ。

という訳で「『初見時に思わず白目を剥いたレス』に対する独り言」でした。

本当に「ここ迄まで分かってない人居るんだ……」と思ってしまった。

まぁこんなところに書いても、レスした御本人には届かないかもしれないけど、

もし見てくれたならよく考え直して頂きたいです、はい。

(引用終了)